美味しく食べるために|糖尿病は食事で治す|効率のいい方法が登場

糖尿病は食事で治す|効率のいい方法が登場

男の人

美味しく食べるために

和食

自己管理が大切

糖尿病は、すい臓でインスリンが作れなくなって、血糖値が高くなってしまった状態の病気です。糖尿病を一度発症すると完治することがないため、一生の付き合いとなります。食事にも気をつけることが必要となってきます。糖尿病の患者数も増えてきていて、40代では1割くらいの人が発症していると言われています。日本人は、2型糖尿病になりやすい遺伝的要素があるので注意が必要です。糖尿病で恐ろしいと言われているのは、合併症を引き起こすことです。その合併症にならないためには、食事にも気をつけて自己管理を行うことが大切です。自己管理だけでなく、放置しないで治療を受けることも進行を防ぐために大切です。食事が欧米化したことも理由の一つとなっています。

基本は食べ物

糖尿病を治療するにあたって、一番重要なのは合併症にならないようにするということです。そのために、適度な運動をして食事療法をしながら、薬物療法が必要ならするという形になります。食事療法をするにあたって、偏食をしないで過食をさけてバランスのいい食事をとるのが基本です。一生の付き合いになるので、長く続くように考えて1日3食を基本としてバランスのいい食事を心がけましょう。アルコールや外食は、できるだけ控えめにする必要もあります。1型糖尿病や妊娠糖尿病もありますが、2型が95%以上をしめているので、生活習慣との関わりがとても大きい病気です。一般的に肥満の方の発症が多いのが事実ですが、中にはやせている患者さんも多くいます。