糖尿病は食事で治す|効率のいい方法が登場

日本食

レトルトとサプリメント

メンズ

糖尿病の食事療法ではそれ専門のレトルト食品も通信販売されているので人気となっています。また、カロリー制限と栄養バランスが決め手となりますが、その両立するのが難しい場合はサプリメントを使う方法もあります。

もっと読む

美味しく食べるために

和食

日本人は40代から2型糖尿病になることが多く、症状が進行すると合併症を引き起こす可能性があります。そのためには、食事療法を行うのが効果的でしょう。外食を制限して、栄養バランスのとれた食事を続けることが大切です。

もっと読む

カロリーを減らして健康に

夫婦

糖尿病の人は血糖値が急上昇するのを避けるため、食事で摂るカロリーを減らす必要があります。しかも塩分も控えめにしなくてはいけないので、食事作りはかなり工夫が必要です。慣れない時に助けになるのが糖尿病食の宅配で、カロリー計算してあるのでそのまま食べることができ必要な時だけ頼むこともできます。

もっと読む

糖分は摂取するべきもの

男女

糖分の摂り過ぎがダメ

糖尿病の食事療法というと「糖分を摂取してはいけない」と思っている人が多いですが、それは全くの勘違いだと言えます。糖分は生命維持になくてはならない重要な栄養素であるため、糖尿病患者でも摂取する必要があります。問題はその量なのです。糖尿病は血糖値が上がると、適正値に下がるまでに時間がかかってしまう病気です。これで一番怖いのが合併症で、微小血管障害を起こしてしまうと失明や壊死・腎不全など様々な病気を起こしてしまいます。そのため、一度に血糖値を上げないように工夫されたのが糖尿病の食事療法となります。また生活習慣病からなる糖尿病発病である場合は、適正な日常生活を取り戻すためのトレーニングと見ることもできます。

カロリーのない甘味料

糖尿病であろうとも食事で糖分を摂取することは可能ですが、この食事療法では栄養バランスもきちんと考慮されなくてはいけません。そのため、糖分の多いお菓子などを食べてしまうと、それだけで基準となるカロリー総量に匹敵してしまい他の食事が摂れなくなってしまいます。でも、一般的に言われている糖分とはグルコースのことです。実は、同じ甘味料でも吸収されない糖分がありますし、糖分ではない甘味料もあります。それならばカロリーとして計算する必要がなく、実際に糖尿病患者のためのスイーツとして販売されているものもあります。それを多用するべきではありませんが、たまにはストレス発散や気分転換として食べるのは良いと言われています。